通園バス等の車内置き去り防止システムについて

昨年・今年と発生したバス車内置き去りによる園児死亡という悲惨なニュースを受け、
2023年4月より通園バスに安全装置の設置が義務付けられます。
この義務に違反した施設は業務停止命令の対象になり得るとした上で、命令に従わない場合は罰則を科すこともあるとしています。

ヒューマンエラーでは済まされない事件の再発を防ぐため、
弊社では以下3つのシステムを取り扱いを開始いたしました。

■バス置き去りを防止する車内監視AIカメラシステム■
(↓カタログPDF)
https://www.tci-car-item.com/wp-content/uploads/20221012_001.pdf

■ホーネット車内置き去り防止システム■
(↓カタログPDF)
https://kato-denki.com/images/solution/GYZ-22241_hornet_bs_reaflet.pdf

■車内置き去り防止装置■
(↓カタログPDF)
https://cepinc.jp/chumon/torisetsu/sbp00_catalog.pdf

通園バスに限らず、介護施設などの送迎用の車でも置き去り事故が起きています。
義務化は2023年4月からですが、通園バス、通学バス、送迎バスなどをご利用の施設様には一刻も早く導入をご検討いただきたく思います。

※関連補助金について※
1台上限20万、最大9割補助(※現段階)

【車内置き去り防止システムについてのお問い合わせはこちら】
〒733-0011 広島県広島市西区横川町1-5-21
共栄金物株式会社
TEL:082-232-3128 FAX:082-295-2691
Mail:info@kyoei-kk.com